サイディングとは

厳しい自然環境から住まいを守り、外観のイメージを大きく左右する外壁材。
一般的な戸建住宅の主な外壁材には、サイディング、モルタル・塗壁、板金、タイ ルなどがありますが、その中でも、近年最も多く用いられているのがサイディングです。

サイディングは、構成する素材によって、いくつかの種類に分けることがで きます。

窯業系・金属系・木質系・樹脂系の4種類

サイディングとは、建物の外壁に用いられるボード状の建材のことです。

工場生産のため品質が均一で施工性が高いのが特徴です。
構成される素材によって、窯業系、金属系、木質系、樹脂系などに分類することができます。
素材によって異なりますが、性能や価格、デザインなどのバリエーションも豊富に揃い、新築でも リフォームでも取り入れやすい建材です。

一番多く用いられているのは窯業系サイディングです。

窯業系サイディング

窯業系サイディングは、セメントなどを原料とし、繊維質原料を加え成型したものです。現在、一般的な住宅で最も多く取り入れられている外壁材です。

金属系サイディング

金属系のサイディングは、金属板を成型、表面や接続部の加工を施し、裏面材やしん材で構成した建材。表面材は、ガルバリウム鋼板、アルミニウム合金板、ステンレス鋼板などがあります。

木質系サイディング

天然木などに塗装を施したもの。断熱性能なども高く、環境にもやさしい建材でしょう。さまざまな樹種も揃い、横張り・縦張りタイプも。その風合いが大きな魅力ですが、メンテナンスの手間もかかるケースもあります。

樹脂系サイディング

塩化ビニル樹脂を原料とした樹脂系サイディングは、北米で生まれた建材です。耐久性、塩害や凍害など耐候性にも優れ、錆や腐食の心配もなく、劣化や退色もほとんどありません。軽量なので建物に負担がかからないのでリフォームにも適しています。

サイディングのメリット・デメリット

外壁材にも色々な種類がありますので、素材によって良し悪しが変わってきますが、最も利用されている窯業系サイディングのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

・耐火性・耐久性に優れている
・工場生産のため品質が安定している
・タイル調、石張り調、木目調等のバリエーションが豊富

・扱いやすく施工しやすい

・基材重量はモルタルの1/2以下地震時の建物の負荷が小さい

 

 

デメリット

・熱を吸収しやすい
・塗膜がなくなると水を吸収する
・シーリングの劣化も発生する

・高さ13mを越える建物部位には使用できません

施工実績

現場作業風景